バナー

円形脱毛症は男女に年齢問わず発生します

多くの男性の場合は40代になって頃からメタボや精力減退に、薄毛の悩みを持つようになります。

最近は男性だけでなく女性も薄毛の悩みを抱える方が増えていて、育毛用品は男女問わず売れているのですが、加齢や男性特有の薄毛以外にも、老若男女問わずに子供でも発生してしまう薄毛の症状があります。


それは円形脱毛症で俗に10円ハゲと呼ばれており、頭髪の中に10円玉ぐらいの大きさで境目がはっきりとしている脱毛症です。


加齢とは全く関係なく自分で見つけられる事も少ないので、周囲の人や美容院などへ行った時に指摘されて発覚する場合が殆どで、恥ずかしい思いもしてしまいます。

円形脱毛症の原因は、一般的にはストレスと言われていて環境の変化や仕事の場合人事異動での人間関係の変化などがあり、子供の場合は転校やクラス替えなどでもストレスを受けると発症する場合があります。

一般的にストレスが原因と言われていますが、他の要因として近年有力視されているのが自己免疫疾患で、外部からの細菌やウイルスなどの侵入に対して攻撃してれる免疫機能が、異常を生じて体の一部を攻撃してしまう事を言います。

円形脱毛症の場合は、Tリンパ球が頭髪の毛根を異物と勘違いして攻撃する為に発症すると言われていて、激しい攻撃が続く事によって毛根が傷んでしまい、突発的に円形で頭髪が抜けてしまうのです。

現段階ではなぜ間違えて自分の体を攻撃してしまうのかと言うメカニズムまでは解明出来ていません。

また他の各種自己免疫疾患と併発する場合が多い事から、免疫機能の異常が原因と言われているのです。

他にもアトピーの方にも円形脱毛症が見られていますし、遺伝的要因も考えられています。


女性の場合は妊娠から出産にかけてホルモンバランスが崩れた時に症状が出る事がありますし、出産などではストレスもかかりますので、ホルモンバランスとストレスが大きな要因となってるのです。

では周囲の人に指摘されたり自分で見つけた場合はどんな対処がいいのでしょうか。


一番手軽で素早く出来る対策は、ヘアコンタクトを使用する事で、男女問わず使用出来ますし数千円で購入出来るのでまずはヘアコンタクトで隠せば、見られる事へのストレスは軽減されます。

隠したからと言ってそのまま放置しても治る病気ではないので、病院を探して診断してもらう事が必須です。少し前は皮膚科への受診が一般的でしたが、最近はヘアメディカルもあるのでより専門的な機関で受診してもらうのが早期治療の要です。
なかなか医療機関に通う時間も無く忙しい方は自宅で治療を考えますが、素人考えでは簡単に治らないので少なくとも一回は医療機関で診断を受けてアドバイスを受けてから考えれば治療も進みます。
ストレスが原因と考えられる場合は、なるべく原因となるストレスを特定して自己対処するのもいい対策ですが、中々ストレスから逃げる事は出来ないので、サラリーマンの場合は上司に相談するとかして自分だけで抱え込まない様にするのが得策です。
最近は色々なサプリメントも発売されているので、試してみるのもいいのですがよく調べてから試した方が良いですし、やはりまずは診断を受ける事から始めるのが治療の近道です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1381595478
http://girlschannel.net/topics/801753/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q127995967

最近気になった銀座の痩身治療の情報探しはそれほど難しくありません。

東京のワキガの効果の情報が必ずあります。

心斎橋のわきがの比較関連情報を紹介しています。

神戸のインプラントの情報が沢山詰まったサイトです。

新宿のシミに関する情報をすばやく探せます。