財産だけを都合よく相続できるように弁護士に相談することが大事です。相続については、その継承の仕組みに関して多くの人が勘違いをしている点が一点存在します。それは、対象となっている財産が現金や不動産などのような価値のあるものだけではないということです。身内や家族で財産を持ったまま亡くなった人がいる場合には、民法で定められている割合で財産が分配されることになります。

この分割分に関しては協議によって変えることもできますが、財産の確保に関してはきちんと保証されているので何の問題もありません。しかし、相続では財産だけではなく抱えている債務に関しても継承の対象として認識されてしまうため、仮に債務が債権や財産を上回るほどのものになっていたときにはその肩代わりを子供や配偶者がしなくてはいけなくなるのです。そのような場合には、当然相続をする権利そのものを放棄しなくてはいけません。こうした状況になっていたときにはまず弁護士に相談をして遺された財産が実際にはどのくらいあるのかを調べなくてはいけません。

財産があることがわかったときには、その財産だけを限定的に承認してもらうように弁護士に相談することが大事になります。こうした法的手段は限定承認と言いますが、限定承認を行わないでそのまま債務も相続してしまうと本当に借金を抱えてしまうことになるため、家族同士の安易な話し合いで判断しないように気をつけなくてはいけません。