自走式駐車場のメリットは何か

自走式駐車場のメリットは使いやすさと長期運用可能な耐久性の高さです。

利用者が運転して移動する形式の駐車場であり、機械の操作は必要ありません。


有料制の場合でも入庫の際に駐車券を取り、出庫では料金の精算を行う程度なので初めての利用者でも迷うことがないため、係員を常駐させずに済みます。
複数の車が同時に移動できるので、入出庫の待ち時間が短くなるため、利用者の多い施設でもストレスを感じずに使えます。

機械の故障によるトラブルの心配がないのも自走式駐車場の特徴です。


機械式では故障してしまうと、修理が終わるまで複数の車が入出庫できなくなってしまう問題点があります。

自走式駐車場をあなたに紹介致します。

自走式駐車場では故障するのはゲートぐらいなので、料金の徴収はできなくなりますが、修理までは常時開放しておけば利用者に不便な思いをさせません。



メンテナンスが必要になる部分も少ないのでランニングコストが抑えられます。

耐久性のある材質であれば、耐用年数も長いのですぐに建て替えが必要になることもないです。
走行スペースが必要であり、機械式駐車場よりも駐車効率が低いため、土地面積が少なすぎると導入が難しい点がデメリットになりますが、全体で見ればメリットの方が多いです。
どちらでも導入できる環境であれば、自走式駐車場にした方が管理の手間がかからず、利用者にも便利です。



そのため、一般的にも商業施設やマンションなどで目にすることの多いタイプの立体駐車場になります。