親は、子供が何歳になっても心配するものです。たとえ子供が40歳になっても50歳になって結婚していても、親からみればまだかわいい子供なのです。それで、多くの親は自分が亡くなった後に子供がお金に関して不自由な思いをしなくても良いように、遺産を残します。土地や家屋などの不動産や自分が経営している会社などを遺産として残します。

また、貯蓄や株券なども残すことでしょう。親が亡くなった後に、多額の遺産を受け取ったなら、その遺産をどのように使うべきでしょうか。それは、親が残してくれた遺産相続に関して、感謝を示し大切に使いましょう。親は子供に遺産相続させるために、一生懸命仕事を頑張ってきたに違いありません。

子供に、自分が経営している会社を継がせたいと思い、朝から晩まで働いて会社を大きくして従業員を増やした親もいます。そういう親の気持ちを忘れないように、大切にしましょう。もし、遺産相続として会社を引き継ぐことになったなら、会社経営に関して一生懸命頑張りましょう。しかし、自分は別の仕事をすでに持っているので、経営することが出来ないというのであれば、信頼できる人を選んで経営を任せましょう。

また、遺産で受け取った金銭は豪遊しすぐに使い果たしてしまうのではなく、必要なものを購入したり、もしもの時のために貯めておくようにしましょう。親が残してくれた遺産を大切に使うことによって、親への感謝の気持ちをしめすことが出来るでしょう。