遺産相続のルールは、民法の規定によって決まっています。 原則的な遺産相続の方法を法定相続といいますが、夫婦の片方がなくなった場合、財産を共に築いてきた配偶者に半分の権利があります。残る半分を、法定相続の順位に従って相続しますが、第一順位は子供や孫です。 子供がすでに亡くなっていて、その相続人であった孫がいる場合には、権利がその次の代に移りますが、これを代襲相続といいます。

 子供がいない夫婦の場合、第二順位は、亡くなった人の親になります。 思いがけず夫が姑や舅より先に亡くなったときに、子供がいないと、夫婦が共に築いた自宅や財産も半分は相続できなくなってしまいます。 また、夫が亡くなった時点で、姑や舅はすでに亡くなっていたとしても、代襲相続で、夫の兄弟や甥、姪にまで、相続権が移ることになります。 普段、遺産相続について考える機会は少なくても、もしもの時に、夫婦それぞれの互いの相続人については知っておくと安心です。

 多額の財産を持つわけでないから相続問題など自分に関係がないことと思っていると、もしもの時に配偶者に、自分の死以上の心労や、実際の苦労をかけてしまうことにもなりかねません。 夫婦の間に子供がいれば、相続は配偶者と子供、いわば自分の家族の問題なのでそれほど心配はありませんが、子供がいない夫婦の相続では、姑や舅、時には小姑までかかわることもあるので、遺言を作成しておくことも含めて、弁護士などの専門家に相談しておくのがおすすめです。