遺産の相続人になったら、その遺産相続があったことを知った時から3ヶ月以内に、その遺産を相続するか、或いは放棄または限定承認するかを決めなければなりません。もしも3ヶ月以内に放棄または限定承認の手続きをとっていなかった場合、相続人は遺産を単純承認したものと見做されます。即ち、遺産相続を認めたと公的に見做されるのです。これ以降は、例え遺産相続を放棄したくてもできなくなってしまいます。

相続できる遺産があるのならば相続すればよいのではないかと思う方もいるかも知れません。しかしそう簡単ではないのです。相続する遺産が財産と見做せる場合、即ち、現金や預金が残ったり、不動産や宝飾類、或いは有価証券が手元に残るのならば、何の手続きもしなかった結果遺産相続人となっても特に問題はありません。しかし、相続する遺産の中に故人の借金が含まれている場合、その遺産を相続すると、借金の返済義務も相続することになります。

もしも遺産の時価を合計した場合に借金の方が多いのならば、その遺産の相続は放棄するのが一般的な選択です。しかし、その遺産相続を知ってから3ヶ月以内に遺産の相続を放棄する手続きが完了していなければ、いやでも借金を押し付けられることになるのです。このような理不尽な事態を回避するためには、故人の財産調査を行い、その財産目録を作成する必要があります。しかし故人は最早ものを言いませんから、相続人が調査することになります。

しかしその調査対象は預貯金や不動産以外にも、有価証券や宝飾品等も含まれますし、前述のとおり借金も含まれます。財産は比較的調べやすいのですが、故人の借金を調査することは容易ではありません。そのため、弁護士に依頼して調査してもらうこともあります。